検索順位上位を目指すための戦略

質が高い被リンクを増やす

自分のホームページの検索順位を上げるためには、SEO対策が必要です。SEO対策の1つが被リンクを増やす事であり、外部サイトとリンクで繋がる事によって自分のサイトの価値を高める事になり、検索順位から…

Learn Now

新しい情報を提供する

検索でライバルよりも上位表示を狙うためには、ただホームページを更新すれば良いというわけではありません。戦略を立て、地道に実行していくことによって変化が起こるようになります。戦略の1つとして効果的な…

Learn Now

競争率を考えてキーワードを決める

検索順位の高いホームページは多くの人々にアクセスしてもらえるようになります。すると、情報を拡散できるだけではなく、販売している製品やサービスの売上アップ効果にも期待が持てます。上位で表示されるため…

Learn Now

自分のホームページを解析しよう

アクセス解析ツールを活用する

ホームページを作った時には、できるだけ設置した方がいいのがアクセス解析です。ホームページを作りたての時には、アクセス解析はあまり役に立たないかもしれませんが、設置していると必ず後々役に立ってきます…

Learn Now

アクセスを解析してキーワードの需要を確認する

ホームページを運営していると必要になってくるのがアクセス解析です。アクセス解析とは自分の運営しているホームページをどのくらいの人が訪問してくれているかを確認することです。これは単純に訪問してくれて…

Learn Now

アクセスが少ないページはリライトする

コンテンツの内容が薄いと閲覧者はこない

自身が運営しているホームページのアクセス解析をチェックしたとき、ほかのページと比べて著しくアクセス数が少ないページを見つけた場合、どのような対処を行えばいいでしょうか。こうしたケースで一番ありがちなのは対象ページのコンテンツに問題があるというものです。たとえば、ほかのページは文章量が十分あるのにアクセスの少ないページは100字程度しかないという場合はなかなか閲覧者を呼び込むことは難しいでしょう。こうしたページの存在はサイト全体の足を引っ張ることにもなりかねず、放置しておくのはよくありません。 ではどうすればいいのかというと、リライトするのが一番いい方法です。削除してもいいですが、せっかくページを作ったのであればその資産を生かす方向にした方がいいでしょう。

体験談などを書き加えてみる

リライトのポイントはコンテンツの中身を濃くするということです。100字のコンテンツを200字にしても状況は大して変わりません。検索サイトからすれば100字でも200字でも低品質のコンテンツという判断になり、検索結果の上位に表示することはまずないからです。当然、検索サイトからくる人はいないのでアクセス数は低いままということになります。 コンテンツの内容によりますが、自分の体験談を書き加えたり、あるいは本などで勉強したことを自分なりの言葉で書いてみるといいでしょう。本に書かれていることをそのまま書くのは厳禁です。一時的に検索サイトからの評価が上がり、アクセス数は増えるかもしれませんが、その結果、本のコピーであることがばれてトラブルにつながるでしょう。