アクセス解析ツールを活用する

image

アクセス解析で見つかるニッチなキーワード

ホームページを作った時には、できるだけ設置した方がいいのがアクセス解析です。ホームページを作りたての時には、アクセス解析はあまり役に立たないかもしれませんが、設置していると必ず後々役に立ってきます。アクセス解析を設置していると、どのようなキーワードでホームページへ訪問してきたか、ホームページへアクセスしてきた端末、時間帯など様々な情報を得ることができますが、それだけではないです。こんなキーワードでホームページへアクセスしてきているなどのニッチなキーワードに出会うことができます。趣味的なホームページの場合は、あまりニッチなキーワードは役に立ちませんが、収益を上げる目的でホームページを作っている時には非常に役立つキーワードと言えます。キーワードがニッチなのでアクセス数自体は少ないのですが、コアな人たちが集まりやすいので収益も上げやすくなります。

アクセス解析で見るアクセス数はPVではなくUU

アクセス解析をホームページに設置すると、ホームページのアクセス数を見ることができます。見るべきアクセス数はPVではなく、UUです。PVは1日に1人のユーザーが5回ホームページにアクセスすると5になります。しかし、UUは同じユーザーが何度アクセスしても1です。PVは簡単に上げることができるので、PVが多いから人気のあるホームページとはいいがたいということになります。 逆に、UUの場合、1ユーザー1なので、1日のUUが100万とか1000万とかあるホームページはとても人気のあるホームページだといえます。アクセス解析を設置した時に、必ず見た方がいいのがPVのアクセス数ではなく、キーワードとUU、そして余裕があるのであれば、端末、時間帯など、さらに余裕ができてきたら直帰率や離脱率を計算してみるといいかもしれません。これらが高いとホームページの内容が役に立たない、つまらないということです。