競争率を考えてキーワードを決める

image

競争率の高いキーワードは新規参入が難しい

検索順位の高いホームページは多くの人々にアクセスしてもらえるようになります。すると、情報を拡散できるだけではなく、販売している製品やサービスの売上アップ効果にも期待が持てます。上位で表示されるためには検索されそうなキーワードを考え、ホームページに載せる必要があります。そこで、重要なのがキーワードの競争率を意識することです。競争率が高いということは検索する人が多いメリットがある反面、すでに情報が載っているホームページが多く存在していることになりますし、個人に比べて法人が運営しているホームページが目立っています。つまり、競争率が高いキーワードほど新規参入が難しいうえ、個人には厳しい状況と言えるでしょう。

オリジナルのキーワードを考えよう

ホームページの検索順位を上げる方法に競争率の低いキーワードを狙う方法があります。この方法はまだ情報を載せているホームページが少ないため、上位に表示されるチャンスが多いです。たとえば、オリジナルのキーワードは競争率が低くなるので、上位表示を狙う時に検討する価値は高いです。ただ、オリジナルということで生み出すまでに時間がかかる場合があります。それでも、検索されるようになればしばらくはライバルがいない状態ということで、トップに表示される状況は考えられます。なかなか良い案が浮かばない時は、既存のキーワードからアイデアを探る方法がおすすめです。一部を変えたり、入れ替えたりなど色々な考え方をすることで新しいキーワードが生まれます。