アクセスを解析してキーワードの需要を確認する

image

アクセス解析の必要性

ホームページを運営していると必要になってくるのがアクセス解析です。アクセス解析とは自分の運営しているホームページをどのくらいの人が訪問してくれているかを確認することです。これは単純に訪問してくれている人が何人いるのかということにとどまらず、どんな経緯でホームページまで辿り着いてくれたのか、どんなキーワードでサイトがヒットしたのか、最初に開かれたページがどこで、その後どのようにページを遷移してくれたのか、アクセスが多くなる曜日や時間帯など、かなり多岐にわたってデータを返してくれる優秀なツールです。とくにどのキーワードでヒットしたのかとサイト訪問後のユーザー動向の把握は、ホームページを改善していく上で最も大切な指標の1つとなります。

アクセス解析の活かし方

前述のようにアクセス解析によってもたらされる様々な情報のうち、キーワードとユーザー動向はきわめて有用な情報です。キーワードは世間の人が何に関心をもっているのかを端的に知ることができるものです。そのキーワードが自分の意図したものなら、正しくサイトが構成されていることになりますが、意図していない場合は、サイトの構成を考え直すきっかけになります。新しいキーワードをサイトタイトルやディスクリプションに効果的かつ自然な形で盛り込み、サイト内テキストにh1タグで記述するなどサイト改善のヒントになります。またユーザー動向により、ランディングページからの離脱率が高ければ、あまり魅力的な情報が載っていないとユーザーに判断されていると考えられます。ランディングページにキーワードから類推される情報のタイトルを記述し、マークアップで他のページへ誘導するなどサイト全体を回遊してもらえるような工夫を施す必要があります。